<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 冬の水辺 | main | 1月の終わり >>
すきとおったきれいなもの

昨日、友人が食後のコーヒーを飲みながら「最近、お母さんお父さんと3人で、食卓に座ってふつうに話してる夢をよく見るんだよ」と言った。その子は数年前にお母さんを亡くしていた。「喋ってて、これなんかへんだなって夢だって気づいて、いつもそこで眼が覚めて。悲しくて」と彼女はぽろぽろ涙をこぼした。「母が亡くなったとき、こどもも小さくて、忙しくて、そういうことを話せる相手もいなくて、まだちゃんと母の死に向き合えていないような気がする」「どうしてこんな夢を見るのかな」と彼女は言った。

 

趣味のひとつ。

You-Tubeの音楽投稿のコメント欄を閲覧すること。感動した音楽の前では、ほとんどのひとが謙虚で素直になるようで、ネガティブなコメントは少なく、楽しくおもしろく気の利いたコメントが多い。中島みゆきさんやフォークの大御所などのコメント欄を見てみると、長文が多くて、苦しかったときどれほどこの曲に救われたか…などが書かれてたりする。どういうひとが書いたのかなあと想像する。町ですれ違ったり電車で乗り合わせるようなひとびと。わたしの友達のような、毎日笑顔でがんばってるひとびと。

 

昼間からビールが飲みたくなるね。