<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 青森のおもてなし。情熱の続き | main | 冬の水辺 >>
わたしの神さま

高峰秀子さんが書いている。

”私は宗教を持たない。が、私は私だけの「神」を自分の心の中に持っている。私の神は常時私によりそって、私のすべてを静かな眼でじっと見つめている。優しいけれど超オッカナイ神だから、私は気安く願をかけたり甘えたりせず、ビクビクと遠慮がちにおつきあいを願っている”

わたしはちょうど、そんな気持ちだ。

わたしの神さまは今「いいかげんにせい。しゃんしゃんとやるべきことをやりなせい。うろうろよそ見するな。背中丸めるな」と大変にご立腹のご様子だ。