<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 復活 | main | ささやかな願い >>
へんてこ話

なんだか話題の「桜を見る会」。

(国政と都政はちがうけれど)たとえば東京都知事の小池百合子さんは、築地から豊洲への市場移転について、既に安全性が実証されているにも関わらず、政治パフォーマンスのためにメディアを巻き込んで大騒ぎして事業計画がぐちゃぐちゃになり、5600億円の補正予算を(こっそり)組むオチになった。移転と連動して進められていたオリンピックの準備も遅れに遅れ、さらにすさまじいロスが今現在もじゃんじゃん積まれてると思う。桝添さんは数百万円の個人出費を経費に計上して辞任に追い込まれた。猪瀬さんは鞄に5千万入ってて失脚した。石原慎太郎さんは芸術家の息子の作品を公権で優遇し、咎められると「才能ある若い芸術家を支援してなにが悪い」と言い切って騒ぎは終わった。「桜を見る会」の予算は5千万、日本の国家予算は300兆円。予算に対して600億分の1の話題。国会を空転させると1日2億円。野党とメディアが「桜を見る会」で大騒ぎしてすでに10億以上とんでいる。

なにが大丈夫でなにがアウトなのか判断基準がイマイチよくわからない。メディアとそれが作るイメージってへんだよねと思うけれど、自分も無自覚に影響されたり錯覚したりたくさんしてるだろうし、へんというより、ひとの世ってそもそもそういうものなのかとも思う。

 

政庁跡は紅葉が深まり、赤や黄色が美しくなってきた。