<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小学生の夏 | main | お弁当 14 >>
「逆説の日本史3」「お弁当の時間」

地味に「逆説の日本史」を読み進めつつ、ANAの機内誌”翼の王国”の連載をまとめた「おべんとうの時間」を合間に読む。良い本だなあ。日本中のふつうのひとのふつうのお弁当を丁寧な写真と文章で紹介している。みんな、最初の全身写真では緊張して硬い表情をしているけれど、ページをめくると自分のお弁当を食べている写真になり、それがみんな別人のようにやわらかく嬉しそうな顔をしている。お弁当、家族、仕事にまつわる文章もとても良くて、読んでいると泣きそうになる。よく食べてよく働いていれば、いろいろあってもちゃんと前を向けるのかなと思う。というか、お弁当を自分のために作ったり、誰かのために作ったり、誰かに作ってもらえることは、それだけで明るいことなのだなあ。

この本はシリーズ4まであるから、とうぶん楽しい。