<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 声なき声 | main | 令和の運動会 >>
「しつけ帖」幸田文著

感じ入ってしまった。

 

幸田露伴と文。強力な師弟のような親子。

絶対的な父。しかしそれにふさわしい格を持つ父。

反抗しつつそこにくらいついて、畏敬と信頼、理解を深める娘。

何か絶対的な存在に従いかしずいた生き方…というのに多少の憧れもあるから、いいな…と思ったり、こわいわあと思ったり。

 

実際的な教訓のひとつに”台所に立つあいだ可能な限り乾いた手でいる”ということ。