<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やや暗い話 | main | ピロリ菌と免疫力、光について >>
食器棚の上/オンライン

食器棚の上の六角形の木箱には、祖父ひとり祖母ふたりの遺骨の欠片が入れてある。近しいひとが亡くなるとき、火葬場で、骨をすこし食べて、すこし持ち帰ることが、わたしなりの死者に対する礼儀のようなものになっている。

故人は自分の名前(愛称ではなく)を声に出して呼んで欲しいという。もときちさん、はるえさん、しげよさん。鋳型職人だった元吉さん、元祖ミニマリストだった春恵さん、習字の先生だったしげよさん。今こうしてSNSやブログに祖父母の名前をのせて、誰かが読んでくれること。それはなんだか良いことのように思う。

この夏は帰省できなかったけど、13日、息子と作ったチョコレートケーキを供えた。あとはいつも通り。好きな花を飾って、朝に水を替えて声をかける。