<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 食器棚の上/オンライン | main | 立派なおくら >>
ピロリ菌と免疫力、光について

先月の人間ドックで、お医者さまに「ピロリ菌いるから除菌したほうが良いですよ」と言われた。なので専門病院で再診して連休前に処方薬を服用。1週間飲み続けなければいけないのに、超強力な抗生剤のため1回目でアレルギー反応が出てしまった。手足に蕁麻疹が出て痒くなり目がおかしくなった。まぶたが引きつれてむくんだような感じ…でも鏡を見てもむくんでない。不安と恐れ。昔から目に違和感があると平静を保てなくなる。わたしがこの世でいちばん怖いこと、それは視力を失うことだから。
 

もうだめだ、くじけた、がんばれない。白旗だーー…と2週間ほど、最低限の仕事だけして休んだ。「かなり眠くなりますよ」と処方された抗アレルギーの薬が本当にものすごく眠くなるので、こんこんと寝ていた。朝壮介を学校に送り出してストレッチだけして、またクッションとタオルケットを出して眠る。壮介が留守の時間はほとんど寝ていた。壮介が家で遊んでいる横で寝ているときもあった。夜も深く眠った。眠くて眠くてとにかく眠かった。こんなに休んだのは出産後はじめてだと思う。お金のこととか仕事のこととかが頭をよぎるものの「もう知らん」と眠った。冷房の効いた部屋で、傍らにはいつも猫の兼継がいて、ふたりでときおり身体のあちこちをぽりぽり掻きながら眠った。

 

抗生剤は、悪い菌を除去すると同時に善い菌も一掃してしまう。身体の免疫力のほとんどを担う腸在菌が失われると、その機能は半年経過しても回復できないと聞いたことがある。そういえば、兼継は去年の9月に両目の瞬膜が腫れて強めの抗生剤を処方された。目は治ったものの免疫力が低下して、他のアレルギーが出るようになったかもしれない。もともと室内暮らしの単頭飼いで餌も単食だから多様な菌は持ってないだろうし。

免疫力をあげるために良いこと…睡眠、適度な運動、発酵食品と食物繊維を多くとる多様な食事、水シャワー、リンパマッサージ、好きなことをすること…などなど。飼い猫は何ができるだろう。

 

壮介が宿題の漢字プリントでおもしろい字を書いていた。本当の光より光らしい文字。

 

追記 : 目の具合はもとに戻り今週から稼働。休んでいるあいだ掃除をしたりごはんを作ったりするのは苦じゃなかった。なぜか無性にケーキを作りたくなり新しい型まで買ってきて、チョコレートケーキ、にんじんケーキ、チーズケーキを焼いた。家事は好きなんだなあとしみじみ思う。