<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いちから | main | 四つ葉マスター >>
軽い

ポップな読書。

あんなに好きだった村上春樹さん、出産してからしっくりしなくて、新刊以外は手にとらなくなっていた。でも最近ふと思い立って「1Q84」を全巻読み返した。青豆さんが高円寺のマンションで3ヶ月間潜伏している描写が、今の自粛生活と重なったからかもしれない。村上春樹さんの作品のなかでいちばん”その後”が想像しづらい物語。

「最高の体調」/ 鈴木祐著。夕ごはんを作りながら読んでる本。論拠がしっかりしていてシンプルでわかりやすい。さらさらと読む。

コンビニで見つけたBRUTUS。最近クラシック音楽をYou-Tubeでやみくもに聴いてるので。クラシックは広大過ぎて昔も今もほとんど未知の世界。

ポップな息子。

習い事のレゴ教室がオンライン・レッスンに替わり、タブレットのZoomで先生や他の生徒とコンタクトを取りながら、デスクトップでプログラミングをする。小学2年生のZoom授業は、自分のおもちゃを見せたりお菓子を食べ出したりどこかに行っちゃったりと、子どもたちが自由すぎて横で見ていておもしろい。先生は大変。