<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シーズン到来 | main | いちから >>
曲がり道

ひさしぶりにひとりで散歩。

 

つぎの春から、どこに住もうかと考える。

太宰府は好きだ。息子もなじんでいるし、とても住み良いけれど、ちがう選択肢も想像してみる…交通の便が良い岡山。実家に近い松江市。なんだか今さらだけど東京。まったく知り合いもいないけれど住んでみたいと思う土地…津和野、六甲、高松…などなど。

 

父がため息をつきながらわたしに言う。「…おまえはいつもそうだ。なんとかなるさと思ってるんだろう。世の中そんなに甘くないぞ」。ほんとにね。自分でもわからない。望んでもなかった。地に足をつけていたかった。でもそれはいつもかなわない。仕方なし。