<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
真面目/滑稽

豪雨明けの散歩。

平日ほぼ毎日1時間歩くようになって9ヶ月過ぎた。天候などで歩けない日は4分間のHIITを行うようになった。そして2週間前から毎朝30分のストレッチもするようになった。歯医者の治療も終わり、人間ドッグの数値もとても良かった。良くないと思い込んでいた骨密度は平均値より高いこともわかった。

 

毎日せっせっと運動をしたり健康に気をつかうことは、すこし滑稽味があるように思う。身体を使わない仕事をし続けると心身を崩すから、今度はそれを回復するために運動をする。とても忙しくこんがらがった現代人だ。とはいえ、身体が健全かどうかは生活にも仕事にも子どもにもこころにも、だんとつで影響があることだと思うから「…なんか笑えるねえ、いかにもだよねえ…」とぶつぶつ言いながらも、地道に続けようと思う。

ヨナの日

めずらしく体調が良くない。とにかく身体が重くて、だるくて、眠くて、むくんで、ぽかぽかする。頭痛になりやすい。いろいろと弱気になっている。

昨日「荒療治!」とYou-TubeでHIITの動画を見ながら短時間の無酸素運動をしたら、今日はもう散歩に行けないくらいヨレヨレの状態になってしまった。筋肉痛と頭痛と吐き気。

梅雨の湿度でこの時期はいつもいまいちになるけれど、今年はひどいなあ…どうも身体の内因というより外因という気がする…と調べたら、夏至までのこの時期は一年でいちばん体温が身体に籠もりやすく、内蔵が腫れたり炎症を起こしやすいそう。そして次の夏至は新月/日食が重なる大変珍しい日だそうで、ひとの心身に少なくない影響を与えるそう。…そうか、わたしもちゃんとそういう影響を受けてるのか。それなら良しと思う。明日は人間ドックの予約を入れていたけれど、思い直して来週に変更する(今調べたら何かで引っかかってしまいそう)。そうしたら気持ちがラクになったのか、午後から頭がすっきりしてきた。

 

息子は咳(軽い喘息)が出ていて昨日学校を休んだ。兼継はアレルギー治療中。みんな体調が良くないから、冷房の効いた部屋に集まってごろごろしている。こういうときは何にも逆らわずじっと待つのがいいのだろうなと思う。HIITは元気になったらまた試そう。

知ってるようで知らないこと

太宰府政庁跡。遠いかなと今まで散歩コースに選ばなかったけど、今日思い切って行ってみた。思いのほか近かった。政庁跡を一周してトータル1時間くらい。静かで人気がなくて、これからはここがいい。冬もきっときれいだろう。今までは車が多く通る道をイヤホンでニュースを聴きながら足早に歩いていたけれど、ここなら何も聞く気がしない。

 

整体の先生に「とにかく歩きなさい。姿勢を正しなさい」と言われてから3ヶ月。家でしていたストレッチや筋トレはやめて、週5日1日20分から1時間、外を歩くことにした。住んでるマンションや駅ではできるだけ階段を使うようになった。今まで時間が惜しくて外に出るのはいやだったけれど、歩きだしてからのほうが仕事がはかどる。朝8時から12時まで机に向かい、12時になったら昼食を食べて散歩に行く。散歩から帰ったら1、2時間午前中の続きをするか簡単な作業をする。そしたら息子が小学校から帰ってくる。

 

体調が変わるのがおもしろくなってきて、いろいろ調べて体重計と安いスマートウォッチを買った。両方ともブルートゥースで i-phoneと連動できる。体重計は測度性能が良いもので、体重を量ると体脂肪やBMIだけでなく、筋肉量、体水分率、たんぱく量、骨量などがアプリにすぐ掲示される。スマートウォッチでは、歩数、消費カロリー、心拍数、睡眠状況などを把握できる。1時間座りっぱなしだと「ちょっと動いてください」とアラームで教えてくれる。

ショックだったのは、他のデータはそこそこ良いのに、骨量だけ標準値よりかなり下、正常値ギリギリだったこと。無理すると膝が痛むわけがわかった…。骨か…骨は大事だな…ということで、毎日牛乳1杯、チーズふたつ、ヨーグルト、しらす干し大さじ4杯、小松菜を食べる習慣も加わった。ビタミンDのサプリもとることにした(人生初サプリ)。

 

ただただ、できる限り好きな仕事をして、自分のことは自分でして、気持ち良く生きたい。そして明るく死にたい。だから身体は丈夫なほうがいい。それがちょっと無理になったら、身内に頼らず、清潔でごはんの美味しい施設に入りたい。そういうことをよく考える。

 

現在44歳。シニア感がはんぱない。