<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
梅雨の散歩

昨夜からの豪雨のため、誰もいない。土と緑の匂いがする。

しっかり大きくなった3羽の子ガモ。じっ…と見ていても、もうどれがママガモかわからない。

太宰府はこれから豪雨が続く。

こもごも

午後3時。暑すぎて誰もいない。

 

先週、息子の小学校から”7月20日から8月20日(以降未定)猛暑期間は12時45分下校となります。マスク着用と換気による熱中症対策のため。ご協力ください”という旨のプリントがきた。夏休みはお盆前後の10日間に短縮されることが決定していたので、学童の申し込みをしていなかった。申し込み〆切日も過ぎていた。…なんともいえない。

 

あと半年間のスケジュールを眺めていると、去年からしたいしたいと騒いでいた自分で開催するオンライン個展、今年も無理かもしれないと思う。あきらめきれないけど、強行したら死んじゃうようなスケジュールだ。

 

良い話。

昨日は人間ドックだったのですが、視力が両目裸眼2.0でした。とはいえ、1.2以降は視力というよりあてずっぽうで答えていたので微妙だけど。

呼ぶ娘

"夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びがくる”。心身が軽い。

 

2020年上半期終了。よくがんばったと思う。潜れるところまで潜った。見たくないものをじっと見た。そして不思議なことがたくさん起こった。ブログには書けないようなこと。

 

こんなところでいじいじしてないで、いい加減もっとスピードをあげなさい。遠回りし過ぎる。頭でっかち過ぎる。本当に手がかかる…とため息まじりに誰かがせっついてくる。わかってます。相変わらずきびしい。スパルタだ。でも、辛抱強く助けてくれていることもわかる。

 

たぶん、下半期は有無をいわさず急流下りになると思う。

季節は移る

 

一昨日と、昨日。

快晴だろうがどしゃぶりだろうが、暑い。暑くて、帰宅すると強烈な眠気に襲われるのが困る。畳に寝そべってる兼の横にごろんとしてしまう。

 

太宰府はこれから3週間雨が続く予報。

川沿いの道

大好きな道。桜並木がずっと続く。もうすぐ図書館。

5月に産まれた3羽の子鴨が、先週の大雨にも負けず3羽揃ったまますくすく大きくなっていて嬉しい。母鴨はときどき「ちょっとひとりになりたいのよね」という感じで、そろ〜っと子鴨たちから離れようとするけれど、姿が見えない場所まで行くとすぐ、いっせいに3羽が「ママー!ママー!ママーーー!!」と大騒ぎして鳴く。母鴨は「やれやれ…はいよー」という感じですいーっと子鴨のところに戻って行く。3羽はぴたりと鳴き止む。それを繰り返す。

 

今日は帽子を風にとばされて川に落とした。

おはよう

おはよう。ひとり散歩に戻って4日目の朝。

曲がり道

ひさしぶりにひとりで散歩。

 

つぎの春から、どこに住もうかと考える。

太宰府は好きだ。息子もなじんでいるし、とても住み良いけれど、ちがう選択肢も想像してみる…交通の便が良い岡山。実家に近い松江市。なんだか今さらだけど東京。まったく知り合いもいないけれど住んでみたいと思う土地…津和野、六甲、高松…などなど。

 

父がため息をつきながらわたしに言う。「…おまえはいつもそうだ。なんとかなるさと思ってるんだろう。世の中そんなに甘くないぞ」。ほんとにね。自分でもわからない。望んでもなかった。地に足をつけていたかった。でもそれはいつもかなわない。仕方なし。

ヒコーキクラブ

9時50分。この時間はときどき、70歳くらいのおじいさんが5、6人集まり飛行機を飛ばしている。薄い発砲スチロール板で作った模型飛行機をゴムかバネで飛ばす。30mくらい飛ぶ。それぞれが黙々とあちこちに飛ばしては、自分で走って拾いに行く。人口が多いところはいいなと思う。マイナーな趣味でも、シニアがこうして毎週同じメンバーで集まって楽しそうにしている。

 

わたしはといえば、今が底の底だろうと思う。足下の地面を何度も蹴って確かめる。これがいちばん底なら、まあ大丈夫だろうと考えている。

頼ったり甘えたり

どうにもならない…ということで、息子を週3回民間の児童託児所にお願いすることに。昨日は、近所の友達ふみちゃんが「うちでそうちゃんを預かってあげるから仕事しなよ」と、昼ごはん、夕ごはん、お風呂、送迎まで引き受けてくれた。ふみちゃんは数日前、わたしの夢にも出てきて「なんかあったら頼ってね」と真面目に言ってくれた。それもあって、素直にお言葉に甘えてお願いできた。託児所もふみちゃんの紹介だ。ありがとうしかない。

昨日は丸1日仕事をさせてもらって、今日は息子は託児所。息抜きに散歩へ。頭がすっきりする。

散歩

あれれ、めずらしく陸にあがってる。いいね。待て待て。