<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
では、いってきます

おそるおそる数えてみたら、ほぼ作品の体裁で今年あと60枚以上描くことになる。おおお。それが描き終わったころには、たぶん、今と違う場所にいる気がする。とにかく体調を崩さないようにしよう。

 

水面から顔を出した状態で、大きく息を吸って、鼻をつまんで、潜る直前のひとの気持ち。

予感

緑のにおいがする。秋冬春と好きな季節の巡りがはじまる。

 

名古屋での個展の日程が決まり(2020.12.19〜2021.1.11)それが年またぎでわくわくするスケジュール。とても意味深い。紙片版「Close to Your Ears」と「AGEHA」の2冊の作品集も再び進みだした。わたしの都合で完全に止まっている絵本の作業も再開したい。あとはいくつかの最低限の仕事に絞って、このまま年末までどっぷり潜る予定。

立派なおくら

太宰府は連日37℃越えだったけど、今朝はひさしぶりに日差しがやわらいだように見えた。なので久しぶりに散歩に出た。散歩に行かないと1日中家にてせいぜい2000歩くらいしか歩かない。ぱーになってしまう。

8月上旬頃は川沿いの並木道が”セミの亡骸ロード”になっていて、頭上からもいつセミが落ちてくるかわからず「ひっ!」とか「うっ!」とか小さく叫びながら歩いていたけれど、今朝はセミの鳴き声も一段落ち着き、びくびくせずに済んだ。

政庁跡の「飛行機クラブ」のおじいさん方は、真夏でも必ず誰かがヒコーキを飛ばしている。リーダーと立ち話をしたとき「ようやく大会も開催されるようになってね」と嬉しそうに話していた。

 

写真は民家の軒先で販売していた朝採れオクラ。100円なり。

単純

 

「晴れ最高」。

 

ストレッチして掃除機をかけてベランダの鉢の水やりをして、布団を干してカーテンを洗濯。そして散歩に出る。

やっぱり太陽っていいな。雨も良いのだけど、続くとね、視野が狭くなる気がする。

梅雨の散歩

昨夜からの豪雨のため、誰もいない。土と緑の匂いがする。

しっかり大きくなった3羽の子ガモ。じっ…と見ていても、もうどれがママガモかわからない。

太宰府はこれから豪雨が続く。

こもごも

午後3時。暑すぎて誰もいない。

 

先週、息子の小学校から”7月20日から8月20日(以降未定)猛暑期間は12時45分下校となります。マスク着用と換気による熱中症対策のため。ご協力ください”という旨のプリントがきた。今年の夏休みがお盆前後の10日間に短縮されることが決定していたので、学童の申し込みをしていなかった。申し込み〆切日も過ぎていた。…なんともいえない。

 

あと半年間のスケジュールを眺めていると、去年からしたいしたいと騒いでいた自分で開催するオンライン個展、今年も無理かもしれないと思う。あきらめきれないけど、強行したら死んじゃうようなスケジュールだ。

 

良い話。

昨日は人間ドック。視力が両目裸眼2.0だった。とはいえ、1.2以降は視力というよりあてずっぽうで答えていたので微妙だけど。

呼ぶ娘


"夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びがくる”。心身が軽い。

 

2020年上半期終了。よくがんばったなあと思う。潜れるところまで潜った。見たくないものをじっと見た。そして不思議なことがたくさん起こった。ブログには書けないようなこと。

 

こんなところでいじいじしてないで、いい加減もっとスピードをあげなさい。遠回りし過ぎる。頭でっかち過ぎる。本当に手がかかる…とため息まじりに誰かがせっついてくる。わかってます。相変わらずきびしい。スパルタだ。でも、辛抱強く助けてくれていることもわかる。

季節は移る

 

一昨日と、昨日。

快晴だろうがどしゃぶりだろうが、暑い。暑くて、帰宅すると強烈な眠気に襲われるのが困る。畳に寝そべってる兼の横にごろんとしてしまう。

 

太宰府はこれから3週間雨が続く予報。

川沿いの道

大好きな道。桜並木がずっと続く。もうすぐ図書館。

5月に産まれた3羽の子鴨が、先週の大雨にも負けず3羽揃ったまますくすく大きくなっていて嬉しい。母鴨はときどき「ちょっとひとりになりたいのよね」という感じで、そろ〜っと子鴨たちから離れようとするけれど、姿が見えない場所まで行くとすぐ、いっせいに3羽が「ママー!ママー!ママーーー!!」と大騒ぎして鳴く。母鴨は「やれやれ…はいよー」という感じですいーっと子鴨のところに戻って行く。3羽はぴたりと鳴き止む。それを繰り返す。

 

今日は帽子を風にとばされて川に落とした。

おはよう

おはよう。ひとり散歩に戻って4日目の朝。