<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お弁当 32

福岡県も「非常事態宣言」指定になりました。でも市内から電車で30分以上かかる太宰府市は、今朝もそんなに変わらない風景。なんだかほっとする(こういうふうに書くと誰かに怒られそうですが)。

バランスと優先順位。今のところ適度に気をつけてあとはいつも通り。情緒的で派手な言葉のニューストピックは一切見ないようにしている。数字で実証してしていく情報を取る。分子があれば分母を調べる。その数字が実際には何を示しているのか、数字の内訳、類似の比較データを調べる。わたしは女性で感覚的生理的に反応しやすいのだから、数字だけチェックしてるくらいでちょうど良いように思う。あとは、自分の反対側にあるような情報を取る。

 

そして今日はオムレツ弁当。

 

これはモッコウバラかな?こんなに色の濃い花をつける種類ははじめて見た。ちがうかな。

お弁当 31

太宰府市も休校延長になりました。息子の通う学校では”学校預かり”ができることを知り利用することに。8時半から14時半まで、とても助かる。先生とボランティアの方々が見てくださる。自習をしてお弁当を食べて(机は離してあった)運動場で遊んだり。久しぶりに同じ年頃の子たちといっしょになってくたくたの様子の息子。とても楽しかったそう。

わたしのことをいちばんよく知っている場所よ。

自営業の友人知人の顔を思い浮かべる。彼ら彼女らがささやかに積み上げてきたものを思う。わたしは何かに腹を立てている。コロナでも国でもないものに。

お弁当 30

春休みの学童最後の日は三色弁当。

お弁当 29

豆ごはん、チーズ入り卵焼き、豚肉のショウガ焼き、ブロッコリーと菜の花とアスパラのバタークリーム炒め。

今日も息子を学童に送ったあとに政庁跡へ。写真ではわからないけれど、曇り空に桜の花が溶けて透き通るようだ。いろいろなことを考える。花や木のすごいところは、こちらの考えていることなんて、きっと手にとるようにわかっていることだ。

お弁当 28

土曜だけど息子は学童。今月はついに「すいません!間に合いません!」という案件が出るのでは…というくらいギリギリだったけれど、なんとかすべて〆切までに終われそう。あともうすこし。わたしの場合、仕事の依頼が多いわけではなく稼働時間が少ないだけです。息子が家にいるときは仕事をしないから。

政庁跡は花が見ごろ。小雨。

昨日、テレビで「魔女の宅急便」を観て、ひさしぶりに荒井由実さんの”やさしさに包まれたなら”を聴いた。そうだそうだ、この曲があった、大好きな曲だった、と思い出した。つぎの個展(オンライン)とそのつぎの個展(名古屋)は「Cartain Call 供廖Cartain Call 機廚箸いΕ織ぅ肇襪嚢圓Δ弔發蠅如△修離ぅ瓠璽犬砲圓辰燭蠅世隼廚辰拭今回はこれくらいベタでストレートなほうがいい。「Cartain Call」は、今制作中の絵本の続きの世界でもある。いい感じ。こんなふわふわしたことを真剣に考えて、これが仕事なのだから、幸運なことだ。遊んでるようなものだ。さっそくダウンロードしてイヤホンで聴きながら歩く。誰もいないし、ちょっと歌ってみたりする。

5月の連休にゆっくり休んで、それから個展準備に取り掛かる予定。わくわくする。

お弁当 27

なんとかという地物の青魚のフライ。こんにゃくと鶏ササミの煮物、卵焼き、アスパラとブロッコリーの茹でたの。魚の名前は忘れてしまった。今まで知らなかった魚が福岡ではたくさん売られている。そういう地物の魚は安い。煮物は20歳くらいのときにアルバイトをしていた居酒屋で出していたメニュー。カウンターしかない小さな居酒屋で、マスターがしょっちゅう近所のゲームセンターに遊びに行ってしまうので、よくひとりで店番をしていた。ヘンなマスターでヘンなお客さんばかり集まるヒマな店だった。

 

今日は太宰府は強い雨。学童への送迎は車にして散歩も中止。桜の花が気がかり。

お弁当26

冷蔵庫を開けたら牛肉とピーマンくらいしかない。なので禁じ手の焼き肉弁当。息子は喜ぶけど、手抜きでごめんねという感じ。

今朝は小雨。太宰府は強い風が吹かない土地だし、桜の花を落とすほどの雨じゃない。まだ9時前でひともいない。美し。

お弁当 25 / 通過儀礼のようなもの

壮介、今日から春休み。学童がはじまりお弁当も再開。鳥の照り焼き、きんぴらごぼう、ポテトサラダ、菜の花とブリッコリーのクリーム炒め、チーズ入り卵焼き。

歩いて学童まで送って、そのまま政庁跡へ。桜があともうすこし。

この冬は苦しく、そして不思議な季節だった。ずらりと並んだカードが目の前で次々とめくられていくような、点と点の間にどんどん線が引かれていくような、そんな日々だった。勘がキンキンに冴えて、数ヶ月が10年分くらいの濃度で過ぎた。コロナどころではない。

息子がくれた花束。

きっと谷間は過ぎた。本当にくたびれた。3,4月は忙しくて難しいけれど、どこかで休暇を取ってどこかに出かけよう。そしてゆっくり休もう。

お弁当 24

冬休み最後の日。ネギ入り卵焼き、ほうれん草のごま和え、筑前煮、豚ロースの粒マスタードソース焼。

今朝はあたたかいくもり。川沿いの桜や梅のつぼみがふっくりしていた。カワセミもいた。太宰府が好きだなあと思う。住んでいる場所を好きと思えることは嬉しいことだ。もうすこしあたたかくなったら、天満宮の周辺を自転車で散策してみたいと思う。

 

福岡にきてから、ここだと思う喫茶店は今のところ2軒。ひとつは博多阪急百貨店にある丸福珈琲。もうひとつは筑紫野の112号線沿いにあるBell。どちらも誰かにおすすめしてもあまり喜んでいただけないと思う。

喫茶店に求めるもの。ふつうであること、清潔であること、窓が大きく自然光がたくさん入ること、テーブルの間隔が狭くないこと、天井が低くないこと、メニューがごく美味しいこと、長居できること、他のお客さんの年齢層が高いこと。

お弁当 23

学童再開。あとから「肉が足りない!」と文句を言われそうなメインなし弁当。チーズ入り卵焼き。筑前煮。きのこと小松菜、ベーコンのクリーム炒め。鮭、塩昆布のおにぎり。

政庁跡にとんど焼きの準備があった。九州では、鬼火焚きもしくはホウゲンキョウというらしい。

散歩に行ってから整体へ。「お正月の疲れがたまってますね。背中が丸いなあ」と先生に言われて、いつもよりじっくり施術してもらう。

 

休日は楽しいけれど、いつもの平日のリズムに戻るとなんだかほっとする。