<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
シーズン到来

この4月は天気が良くてもなかなかあたたかくならないなあ、肌寒いなあ…とうずうずしていたら、昨日より温度が上がる。そして快晴。

趣味のひとつ、煮沸消毒シーズン到来。タオル類はひととおり煮たので、今日からカーテンを煮ていく。

お弁当 35

今日は息子在宅…ですがお弁当を作っちゃったのでベランダで食べてもらおう。ひじき煮も一度にたくさん作るから、なかなか減らないおかずのひとつ。

 

お弁当 34

リクエストにちゃんとお答えしてサンドイッチ。たまご、ツナ、昨日のハンバーグの残りのタネを使ったミートソース。大学イモ。夜ごはんはミートソースにルーを入れてカレーにする予定。

お弁当 33

「今日お弁当どうだった?」と聞くと「うーん、美味しかったけど飽きちゃった。明日はサンドイッチにして」だそう。そうかい。

切り干し大根の煮物って作るとなかなかなくならない。いたむのが早いから水で戻すときは一袋全部戻すし、でもそんなにたくさん食べれるものでもないし。1週間くらいおかずで出続ける。

山の色がきれいだな。この春は特に春らしい春なんだけどな。

お弁当 32

福岡県も「非常事態宣言」指定になりました。でも中心地から電車で30分以上かかる太宰府市は、今朝もそんなに変わらない風景。なんだかほっとする(こういうふうに書くと誰かに怒られそうですが)。

バランスと優先順位。今のところ適度に気をつけてあとはいつも通り。情緒的で派手な言葉のニューストピックは一切見ないようにしている。数字で実証していく情報を取る。分子があれば分母を調べる。その数字が実際には何を示しているのか、数字の内訳、類似の比較データを調べる。わたしは女性で、感覚的生理的に反応しやすいのだから、数字だけチェックしてるくらいでちょうど良いように思う。あとは、ニュースにならないニュース、自分のまわりでは話されないような情報を取る。

 

そして今日はオムレツ弁当。

これはモッコウバラかな?こんなに色の濃い花をつける種類ははじめて見た。ちがうかな?

お弁当 31

 

太宰府市も休校延長になりました。息子の通う学校では”学校預かり”ができることを知り利用することに。8時半から14時半まで、とても助かる。先生とボランティアの方々が見てくださる。自習をしてお弁当を食べて(机は離してあった)運動場で遊んだり。久しぶりに同じ年頃の子たちといっしょになってくたくたの様子の息子。とても楽しかったそう。

わたしのことをいちばんよく知っている場所よ。

自営業の友人知人の顔を思い浮かべる。彼ら彼女らがささやかに積み上げてきたものを思う。わたしは何かにすこし腹を立てていると思う。コロナでも国でもないものに。

お弁当 30

春休みの学童最後の日は三色弁当。

お弁当 29

豆ごはん、チーズ入り卵焼き、豚肉のショウガ焼き、ブロッコリーと菜の花とアスパラのバタークリーム炒め。

今日も息子を学童に送ったあとに政庁跡へ。写真ではわからないけれど、曇り空に桜の花が溶けて透き通るようだ。いろいろなことを考える。花や木のすごいところは、こちらの考えていることなんて、きっと手にとるようにわかっていることだ。

お弁当 28

土曜だけど息子は学童。今月はついに「すいません!間に合いません!」という案件が出るのでは…というくらいギリギリだったけれど、なんとかすべて〆切までに終われそう。あともうすこし。わたしの場合、仕事の依頼が多いわけではなく稼働時間が少ないだけです。息子が家にいるときは仕事をしないから。

政庁跡は花が見ごろ。小雨。

お弁当 27

なんとかという地物の青魚のフライ。こんにゃくと鶏ササミの煮物、卵焼き、アスパラとブロッコリーの茹でたの。魚の名前は忘れてしまった。今まで知らなかった魚が福岡ではたくさん売られている。そういう地物の魚は安い。煮物は20歳くらいのときにアルバイトをしていた居酒屋で出していたメニュー。カウンターしかない小さな居酒屋で、マスターがしょっちゅう近所のゲームセンターに遊びに行ってしまうので、よくひとりで店番をしていた。ヘンなマスターでヘンなお客さんばかり集まるヒマな店だった。

 

今日は太宰府は強い雨。学童への送迎は車にして散歩も中止。桜の花が気がかり。