<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
わたしの神さま

高峰秀子さんが書いている。

”私は宗教を持たない。が、私は私だけの「神」を自分の心の中に持っている。私の神は常時私によりそって、私のすべてを静かな眼でじっと見つめている。優しいけれど超オッカナイ神だから、私は気安く願をかけたり甘えたりせず、ビクビクと遠慮がちにおつきあいを願っている”

わたしはちょうど、そんな気持ちだ。

わたしの神さまは今「いいかげんにせい。しゃんしゃんとやるべきことをやりなせい。うろうろよそ見するな。背中丸めるな」と大変にご立腹のご様子だ。

青森のおもてなし。情熱の続き

スーパーでジャケ買いしました。

好みのデザイン。りんごジュースなのに赤パッケージではないのが新鮮。雪国のイメージで白なのかな。味も美味しかった。

 

土曜の午後、注文していたコンポとミシンが同時に届き、電化製品ハイになりました。

コンポは先方のミスでKENWOODの型番違いが届き、ブルートゥースが飛ばせないことに気づく。2010年製でDockコネクタはあるから、Lightning変換用のアダプタがあれば聴けるかも。ということでさっそくアダプタを注文。返品可能だけど、状態もきれいで好みの音だから、i-phoneを繋げたらOKにしようと思う。でも、今まで20年以上使用していたVictorのステレオを撤去しながら「やっぱりこちらが好きだな」としみじみ思った。古すぎて修理にも出せないから仕方ないのだけど。

ミシンは、重さがあって操作が単純でフットコントローラーもあって、見た目もシンプル。試しにぞうきんを縫ってみたら問題なし。良い買い物でした。

 

電化製品やPCに全然まったく詳しくないけれど、とにかくしつこく調べる。予算にもキビシイ。なので、うちでは夫ではなくわたしがそれらを担当している。

情熱

昨日、大きな買い物をふたつした。

ひとつはKENWOODのミニコンポ、もうひとつはSINGERのミシン。両方とも中古。amazonとメルカリで。チープな新品を購入するより、そこそこきちんとした作りで状態の良い中古を探す。今回はふたつ合わせて2万円くらいでした。両方週末に届く予定。電化製品って緊張するなあ。楽しみだなあ。

 

インターネットで良い中古を探すにはコツがある。長くなるし、ばかみたいな話なので、書かないけれど。

寒い朝

大野山に霧がかかってると嬉しい。朝はひとが少なくていい。

 

いつも公衆トイレを清掃している老夫婦。掃除のあとのバケツの水を、おばあさんはピシャッと辺りにまく。おじいさんはそろそろと地面に流す。掃除後のブラシやぞうきんが丁寧に干してある。自宅のコタツの上に、テレビのリモコンや老眼鏡などがきちんと置かれているところを想像する。

 

いつだって散歩の前は「めんどうだな」と思う。そう思いはじめたら、なるべく頭をからっぽにしてさっさと外に出る。特別な格好はせずにふつうの格好で出る。「もうあの夫婦は水を使って掃除をしてる時間だな」とうっすら思う。

良い時間

昨日2019年分の経理を済ませたので、今日は市役所の窓口にあれこれ相談へ。

とても天気が良いし川沿いを歩いて行くことに。市役所周囲の住宅地はとても雰囲気がいい。川沿いに面した庭先にコリー犬がひなたぼっこしている家もあった。猫がひなたぼっこしている家もあった。花をたくさん育てている家も多い。「ここ良いなあ、住みたいなあ」と思う賃貸マンションもいくつかあった(帰宅して調べたら空き部屋もあった)。ついでに太宰府市立図書館にもはじめて入ってみた。マジメで硬派な図書館だった。司書さん方も厳しそうだし、棚が細かくジャンル分けされており、几帳面に仕切りに名前がつけてある。本がナナメになったりよたったりしていないし、本の高さがきっちり揃えて並べてある。

CD屋で働いていたとき、自分が担当する棚をアーティストごとに整頓して、CDを商品番号順に並べるのが日課だった(好きだった)わたしとしては、かなり好みの図書館。今までは蔵書数が多いからと春日市の図書館まで車で通っていたけれど、今後はこちらにひいきにしたいと思う。楽しい午前中だった。

小さな子ガモがたくさん。川沿いはずっと桜の木が続く。

 

帰宅して机に向かいながらミートソースを仕込む。良い1日。

潜ったり緩んだり

息子学校はじまり。冬休みだけの学童も終わり、お弁当も終わり。

 

散歩はやっぱり朝だと調子が良い。今朝は風が強かった。雨も降っていた。帰宅して掃除機をかけてまだ10時なのが嬉しい。こうしてブログも書いてみたりする。

 

今月は”外のひと”と会う約束が4回もある。お正月もあったしにぎやかでめずらしい月。ふだん家族以外のひとと会うのは月に1、2回くらいのものだけど、今年はなんだかそれが増えるような気がするし、あちこち出かけてみたい気もする。名古屋には予定があって行くけれど、六甲、尾道、盛岡にも行きたいな。空気のきれいな街に。ライヴにも行きたい。

あとは、2ヶ月に1回きちんと歯医者に行くこと。

お弁当 24

冬休み最後の日。ネギ入り卵焼き、ほうれん草のごま和え、筑前煮、豚ロースの粒マスタードソース焼。

今朝はあたたかいくもり。川沿いの桜や梅のつぼみがふっくりしていた。カワセミもいた。太宰府が好きだなあと思う。住んでいる場所を好きと思えることは嬉しいことだ。もうすこしあたたかくなったら、天満宮の周辺を自転車で散策してみたいと思う。

 

福岡にきてから、ここだと思う喫茶店は今のところ2軒。ひとつは博多阪急百貨店にある丸福珈琲。もうひとつは筑紫野の112号線沿いにあるBell。どちらも誰かにおすすめしてもあまり喜んでいただけないと思う。

喫茶店に求めるもの。ふつうであること、清潔であること、窓が大きく自然光がたくさん入ること、テーブルの間隔が狭くないこと、天井が低くないこと、メニューがごく美味しいこと、長居できること、他のお客さんの年齢層が高いこと。

お弁当 23

学童再開。あとから「肉が足りない!」と文句を言われそうなメインなし弁当。チーズ入り卵焼き。筑前煮。きのこと小松菜、ベーコンのクリーム炒め。鮭、塩昆布のおにぎり。

政庁跡にとんど焼きの準備があった。九州では、鬼火焚きもしくはホウゲンキョウというらしい。

散歩に行ってから整体へ。「お正月の疲れがたまってますね。背中が丸いなあ」と先生に言われて、いつもよりじっくり施術してもらう。

 

休日は楽しいけれど、いつもの平日のリズムに戻るとなんだかほっとする。

ただいま

家族がまだ寝てる8時半。新年最初の政庁跡。

 

ただいま。

お弁当22

 

今年最後のお弁当。師走であわただしく、禁じ手の焼き肉弁当。

快晴。

手前の芝生に霜がおりて銀色になっていた。

 

政庁跡には公衆トイレが3つあり、びっくりするくらい清潔にしてある。それもここが好きな理由のひとつだけど、今朝、白髪色白のきれいなお顔をした老夫婦が掃除をしているのを見かけた。頭が下がるのです。