<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
復活

結局、先週1週間家族全員風邪でダウンしていた。わたしはひどいときは目を開けるのも腕をあげるのも辛く、これはインフルエンザでは…と疑ったくらいだった。ようやく復活してきたけれど、大事な仕事がたくさんあるのに集中力がなくて落ち込んでいる。

今日は久しぶりに散歩へ。「仕事はのろのろだけど、すくなくとも今日は1時間歩いた」と思えるからいい。すこし頭がすっきりした。

時間は大切

息子が土曜日から体調を崩し昨日からずっと高い熱が続くので、本日学校お休み。明日もお休み。インフルエンザ?と危ぶんだけど、どうやら風邪のよう。そしていろんなものを息子から浴びたわたしにも移ったよう。咳が出る。

 

今年に入りかなり仕事をセーブしていて「がんばればできる」を10としたら、7割くらいの案配で仕事を入れてちょうど良いかなと考えていたけれど、やっぱり6割かも。うちは近くに身内が住んでいない完全核家族だから、こういうことがあるとどうにもならない。来年からは平日に1日自分のお休みがとれるように管理したい。お金よりも大切なものは時間。

 

しかし、今月はちょっと忙しい。夫も出張でいない。夫はプロのサラリーマンなのでアテにはできない。今夜は息子の様子を見守りながら今から仕事。

Z先生

夜、またまた ONE PIECEの「Zの野望」を借りてきて家族で観る。みんな格好良いなあ。田中邦衛の黄猿強すぎ。容赦なさすぎ。

 

最近、小学校から通知される不審者情報メールが頻繁にあり、「男が包丁を手に持って笑いながら歩いている」「サングラスに金色のTシャツの男がランドセルをたたいてくる」など、そ、それは本当にやばいひと…というこわい情報が多い。心配なので息子の登校班について歩いたら、6年生の男の子に「大丈夫ですよ。ボク最近かなり強くなってきてるんで、倒せます」と真顔で言われた。男子って。

 

男子は、どんなにばかなことでもそれを貫けば格好良くなるときがある。男に生まれたかったなあとよく思う。

遠足

ひさしぶりのお弁当。今日は遠足。

 

「ハンバーグがいい!」「はいはい」と言っていたのに、昨日言われるまですっかり遠足のことを忘れてた。

挽肉はないがとんかつ用の肉ならある…ごめんね、とんかつでよろしく。おにぎりは息子がにぎりました。

 

遠足の行き先は政庁跡…ということで、わたしは今日は散歩は自粛。さすがに息子の遠足先に出没したくない。おとなしくずっと家で仕事。

猫の幸せ

今日の政庁跡、絵画クラブらしいご老人方が絵を描いていた。みな帽子を被り、背中を丸めて、日向に折りたたみイスを置いてあちらこちらに座っていた。ひとりのおじいさんの手元をちらりと観たら、やさしい絵だった。やさしい色使い、やさしいタッチ。いい絵だなと思う。

 

昨日は日中、開けた窓から子猫の鳴き声が聞こえていた。うちのマンションの駐車場かとなりの病院の駐車場か。何回も様子を見に行ったり、水やソーセージを持っていったりして仕事にならなかった。元気な声がするのに姿が見えない。どうやら駐車してある車の下から内部に入っているようだった。部屋に戻ってからも車のエンジン音が聞こえると気が気ではない。午後、ようやく目にしたその子は、手のひらくらいの小さな小さなサビ猫で、しかもものすごく身体能力に優れた子だった。こちらに気づくとイタチかねずみのようにすごい早さで走って逃げて、たまげた。あんなに早く動く子猫ははじめて見た。そしてすぐに車の裏に潜り込む。車にひかれちゃうかエンジンに焼かれちゃうぞ。でも警戒心が強くてとてもつかまえられなかった。人間を見ると逃げるのに大きな大きな声で鳴く。必死に母猫を呼んでいるのだろうか。置いておいたウインナーはなくなっていたけれど、夕方になるとぱたりとその鳴き声が聞こえなくなった。遠くに行ったのか、どうかしたのか。今日も鳴き声はしない。目の大きなかわいい子だった。

うちの兼継は、子猫の鳴き声が聞こえていないわけはないのに、まったく無関心だった。兼は自分を猫だと知らないから、同族の鳴き声だと思わないかもしれない。

少年ロマン

イノシシが出るらしい。夏はホタルも出るらしい。

 

週末、2晩連続でONE PIECEのチョッパーのエピソードをDVDで観て家族で泣く。チョッパー…。息子はポケモンのアローラ最終回でもしくしく泣いていた。

習慣

向こうの木立は桜。春はきれいだろうな。

耳をとじて

最近、歩いているときはイヤホンをしているけれど、何も音を出していない。

 

2016年の個展のタイトルは「耳をとじて」だった。個展のタイトルはいつも突然すとんと決まる。タイトルが牽引する形で展示する作品を描く。「あげは」のときもそうだった。ちなみにつぎのタイトルはもう決まっていて「Curtain Call」。そしてそのつぎは「つぎのま」(これは変更があるかも)。わたしにとって”個展”がどんどん特別なものになっている。だから頻繁に行う気力がない。実は今年は国外で展示の予定がひとつあったけれど、なしになった。2年以上前からの約束で期間が空きすぎたせいか、先方からの連絡が途絶えたからだけど、わたし自身なんだか「今年はなしでいいや」状態だった。

 

「耳をとじて」を決めたときは、耳をとじるってどんな感じかなあと思ってたけれど、こういう感じかも、と無音のイヤホンをしながら思う。

もうじき11月。

息子と

今日は4時限終わりで早帰宅の息子といっしょ。このあと水泳教室の予定がある息子の「歩くのつかれる」という強い希望のもと、ここまでは車できた。ふたりで落ち葉、どんぐり、木の枝や松ぼっくりを拾い集める。木曜日の授業でいるらしい。

 

遠くからトランペットの音が聞こえる。

平日

ざーざー雨。ここは雨のほうが似合う。

 

昨日、息子の咳がひどく学校を休ませる。

わたし自身、熱がなくても咳や鼻水がひどい時に学校に行くのがすごくいやだったし無意味に感じていたから、息子が不調そうだったら熱がなくても休ませる。そしてすぐに病院に行って薬をもらう。たいてい午後には元気になってるから、ちょっとふたりで遊びに出かけたりする。そして次の日には学校に行く。わたしは平時に戻る。